高校生の電脳日記

しがない高校生が電脳世界(主にゲーム、たまーにパソコン関連)のことを気ままにのせていくブログ

パソコン

Windows 10:HDD・SSDのデフラグの実行とスケジュール設定の方法

投稿日:

パソコンのHDD・SSDは、ずっと使っていると断片化というものが起こります。断片化というのは、パソコンを使っていて、HDD・SSD内のデータを読み書きしていると、そのデータファイルや空き領域が散らばってバラバラになってしまうことです。これが増えすぎると、HDDやSSDの寿命が短くなったり、動作不良が起きやすくなったりと様々な悪影響が出てしまいます。

なので、通常はデフラグ(最適化)というものをして、断片化したところを整理します。これを定期的に行うことでHDDなどへの悪影響を防ぐことができるわけですね。あとはパソコンの高速化にもつながったりします。

ただ、HDD・SSDは、寿命までにデータを読み書きできる容量に限界があります。デフラグはHDD・SSDのデータにアクセスして行っているので、やりすぎてしまうとHDD・SSDがたくさんデータの読み込みを行うことになります。そうすると、逆にHDDに負荷をかけてしまい、寿命が短くなってしまうこともあります。

パソコンを一日使っているくらいでは断片化はほとんど進んでいません。それなのに、毎日デフラグをやっていても当然意味がありません。それに、デフラグ一回あたりにアクセスするデータ量はたいしたことないのですが、それが積み重なるとやはり相当なデータ量になってしまいます。先ほども言いましたが、HDDはデータを読み書きする量に限界があります。なので、できるだけ無駄にHDDに読み書きさせないほうが寿命は延びます。

なので、デフラグはHDD・SSDが断片化しているかどうか調べてから行いましょう。

それでは、ここからWindows 10でのデフラグの実行方法を紹介していきます。

手動での実行

Windows 10では、手動で実行するのと、スケジュールを設定して定期的に自動で行ってくれるものがあります。

とりあえず最初に手動で実行する方法を見てみましょう。これはコントロールパネルからでもできるのですが、エクスプローラからやったほうが分かりやすいと思うので、ここではエクスプローラーのほうから実行する方法を説明します。

まず初めにエクスプローラーを開き、PCのところでローカルディスクをどれか選んで右クリックしてプロパティを開きます。これは最終的に同じ画面にいきつくので、どのローカルディスクを選んでも問題ありません。

次に、ツールにある最適化をクリックします。

その画面にある最適化というボタンを押せばデフラグを実行できます。

ちなみに、現在の状態というところが断片化の進み具合を表示してくれる場所です。最適化が必要となっている場合だけデフラグを行えば問題ありません。

スケジュールを設定して自動で実行する

次に、スケジュールを設定して定期的に自動で実行してもらう方法を説明していきます。基本的にこれを設定しておけば手動で実行する必要はほとんどないです。というか、Windows 10ではこれがもともと設定されているので、なにもしなくても定期的にデフラグは実行されてます。設定を変更したい場合にだけこれを行えばいいです。

手順は簡単です。まず最適化を実行するページまで移動します。そこにある、スケジュールされた最適化に現在のデフラグの実行頻度が表示されています。

そこにある、設定の変更をクリックするとこのような画面になります。

ここにある、スケジュールに従って実行するという部分が定期的に自動で行うかの設定です。チェックが入っていれば実行されています。

あとは、頻度を設定すれば完了です。私は一か月に一度で十分ですが、一日中パソコンを使っているという人は毎週やったほうがいいかもしれません。ちょっと確認してみて、「毎月やっているのに断片化がめちゃくちゃ進んでいるじゃないか!」という人は毎週実行するようにしておきましょう。

-パソコン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Windows10:HomeとProの違い

Windows 10には、”Home”や”Pro”、”Enterprise”などの様々なエディションがあります。 家庭で使うには …